神ドラコス!菊正宗の日本酒化粧水の賢い使い方

プチプラで大容量な菊正宗日本酒化粧水

バシャバシャ使えるから、乾燥激しい冬のコットンパックにぴったりです♡

しつこい乾燥をなんとかしたい方、日本酒コットンパックでしっとり肌ケアしませんか?

今回は、菊正宗の化粧水の魅力を改めてお伝えします♪

美肌成分たっぷり配合!菊正宗の日本酒化粧水

photo by 筆者
日本酒づくりに携わる人の手が、きめ細かく白いことから注目されるようになった日本酒の美肌効果。

今や日本酒由来の化粧水は、たくさん作られていますが、特に有名なのが菊正宗の化粧水です。

一升瓶分の日本酒エキスを500mlの化粧水の濃縮し、保湿力が高いアミノ酸を豊富に含んでいます。

photo by 筆者
成分表をチェックしてみると、主成分は水、グリセリン、BGとベースだけで高保湿。

次いで、コメ発酵液、グルタミン酸、アルギニン、ロイシン……と、アミノ酸が配合されており、プチプラなのに美容成分は多めに配合されているようです。


夜におすすめ!コットンパックで集中保湿

photo by 筆者

日中の乾燥、なかったことに!

乾燥対策にコットンパックを取り入れている、という方は多いと思います。

菊正宗の日本酒化粧水は、500mlと大容量、価格は800円程度とプチプラなので、コットンパックで惜しみなくたっぷりと使えるのが魅力です。

コットンパックは、夜の集中保湿としておすすめ。

日中に受けた乾燥ダメージを、その日の夜に保湿してダメージを翌日に持ち越さない!


お風呂上がりのコットンパックで肌プルプル♡

お風呂上がりに5分間、菊正宗の日本酒化粧水でコットンパックをして、お肌にいいアミノ酸や美白有効成分にも指定されているプラセンタエキス、アルブチンをチャージ。

特にお風呂上がりは、肌が乾燥しやすいので、素早くコットンパックでじっくり保湿すると、冬でもしっとり肌がキープできます。

コットンパック後は、いつもお使いの化粧水、美容液、乳液でお手入れしましょう。


菊正宗の日本酒化粧水はコスパ最高!

筆者も愛用中の菊正宗の大容量化粧水。

ポンプ形式で使いやすいんです♪

筆者は、湯船に浸かるときは髪、体を洗って最後にクレンジングをするのですが、クレンジング後に再び湯船に浸かります。

クレンジング後に何もつけずに湯船に浸かると、肌の乾燥が進むので、コットンパックをして湯船に浸かるようにしています。

5分間湯船に浸かった状態でコットンパックをすると、蒸気で肌が柔らかくなって、さらに水分や美容成分が浸透している気がするんです♡

ニオイは日本酒独特のニオイですが、慣れれば平気。

500mlと大容量なので、ついでにお風呂上がりに全身にもバシャバシャつけています。


冬のコスパのいい乾燥肌対策に、菊正宗の日本酒化粧水はぴったりですよ!

菊正宗の日本酒化粧水

Source: Beauty MATOME
神ドラコス!菊正宗の日本酒化粧水の賢い使い方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)